ララルーチュRF・ヤーマンフォトプラスEXを比較|両方使ってます

ララルーチュとヤーマンフォトプラスの比較のイメージ画像

こんにちは。管理人の@もかです🐯

迷ったら2台とも買っちゃう

そんなことが出来たらいいけど、実際はお財布的にも厳しいし無理な話ですよね。

…と言いながら私は2台とも持っています^^;

でも自分のために両方買ったわけではなくて、ココとは別にサイトを運営していて、そこでの比較のため。
もか(私)
もか(私)

そのおかげで今回、ララルーチュRFとフォトプラスEXで迷っているあなたに、 2つの違いを伝えられます(^^)

今回は私が2台を使った経験から、どっちがいいのか伝えていきますね


管理人:もか
Twitter→@moka_03128
他にスキンケア用品のサイトを、日本化粧品検定1級の知識を持つ知人の力を借りながら運営。デザイナー歴15年の経験を活かして美容の専門的な知識を一般の方にも分かりやすく伝えます。私自身もララルーチュRFを使っているので、検討中・使用時の疑問にお答えします。

ララルーチュRFとヤーマンフォトプラスどっちが良い?

「どっちが良い?」と訊かれると、「どっちも良かった」と答えます。

でもコレだと納得できないし、余計迷わせてしまうだけですよね^^;

どっちが良い?には答えられませんが、「どっちを選ぶべきか」は人によって変わります。
2つを比較してみたので、以下を見比べて自分に合うのはどっちかを見極めましょう。

2つを比較:あなたはどっち?

・ララルーチュRF
→飽きずにできるだけ長続きさせたい

・ヤーマンフォトプラス
→エステ並みにじっくりケアしたい

ヤーマンフォトプラスEX目の下の「たるみ」に使うならコレがおすすめ

ララルーチュRFの良いところ

ララルーチュRFのヤーマンフォトプラスと比較して良いところは、短時間でパパッと使えるので、途中で飽きちゃいそうな人でもラクラク続けられるところ。

もう少し詳しく説明しますね。
もか(私)
もか(私)

最大5分でOK

ララルーチュRFの1回の使用時間は最大5分です。
ヤーマンフォトプラスは機能によっては10分以上かかる事もあるので、それと比較すると時短ですね。

5分でも長い!という人は安心してください。
あくまで「最大」5分です。
2~3分でも大丈夫。

ララルーチュRFは続けることが大事ですからね(^^)
飽き性で続かないかも!と思ったらヤーマンフォトプラスよりもララルーチュRFの方がいいかも。

全機能まとめて使える

ちなみに時短のヒミツは全機能がまとめて一度に使えること。
ヤーマンフォトプラスなど他の機種は、
「機能A→機能B→機能C」と切り替えて使うので、時間が掛かりますが、ララルーチュRFは「機能A~Cをまとめて」使えるので、他の機種と比較して大幅な時短ができるんです。

でも、逆に1つの機能だけ使うことができない点はデメリットかも。

時短したくて機能切り分けもいらないなら、ヤーマンフォトプラスよりララルーチュRFの方が便利!

2~3日に1回

更にララルーチュRFが長続きする理由は、使用頻度。
2~3日に1回使うだけでOK。

逆に毎日は、肌荒れの危険性があり使えないので、毎日使いたい人には合わないかも。

ボタン操作がシンプル

そしてララルーチュRFは全機能まとめて使えるから、ヤーマンフォトプラスと比較してボタン操作もシンプル。
複雑なボタン操作が多いと、疲れてる時などは何となく面倒くさく感じますよね^^;
ララルーチュRFはシンプルで電源ボタンと強さ調整のボタンだけ。

ララルーチュRFは、余計な頭を使わずにとにかく続けたい人におすすめですよ。

ララルーチュRFを目の下のたるみに使った感想

ヤーマンフォトプラスEX目の下の「たるみ」に使うならコレがおすすめ

ヤーマンフォトプラスの良いところ

ヤーマンフォトプラスEX

次はヤーマンフォトプラス。
ヤーマンフォトプラスの良いところは、ララルーチュRFと比較して、機能豊富で自分の肌質に合わせて色々なモードを使い分けできるから、エステ並みのケアが楽しめるところ。

もう少し詳しく説明しますね。
もか(私)
もか(私)

機能豊富な満足感

シンプル操作が売りのララルーチュRFと比較すると、色々な機能を切り替えて楽しめるのがヤーマンフォトプラス。

ララルーチュRFは電源ボタンと強さ切り替えだけでしたが、ヤーマンフォトプラスは2つのボタンで、電源〜モード切り替え〜振動追加〜強さ切り替えと色々な操作ができます。

しかもモードが豊富で、それを切り替えながら使うので、一見複雑ですが、覚えてしまえば楽しい(^^)

その日の気分で使い分け

そしてヤーマンフォトプラスはモード(機能)が豊富なので、その日の気分に合わせて、モードを使い分けできます。

例えば今日はパパッと終わらせたいから「モイスチャーモード」だけ、今日はじっくりケアしたいから「全てのモード」を使うなど、その日の気分やシーンに合わせて使い分けできますよ。

ララルーチュRFと比較すると複雑ですが、それが楽しめる人はヤーマンフォトプラスが良さそう。

毎日もOK(機能によっては)

機能によっては毎日使えないものもあります。
ですからララルーチュRFは毎日使ってはダメでしたが、それと比較してヤーマンフォトプラスは、モードを分けて使えるので機能によっては毎日使うことも可能。

例えば「RF LEDモード」は毎日使えたり、説明書にも書いてあるので分かりやすい。

自分なりの使い方も発見できる

ヤーマンフォトプラスは、そうやってモード(機能)の切替、使う日の制限もないので、とにかく自分なりに色々な使い方が発見できるのが魅力。

ララルーチュRFはモードも1つだし、毎日使えないなど制限がありますが、それと比較してヤーマンフォトプラスは制限レス。

自分なりの使い方でエステ並みの満足感を得たいなら、ヤーマンフォトプラスを選びましょう。

フォトプラスを使った感想を見る

フォトプラスEX一番安いお店を見る

機能や悩みでララルーチュRFとヤーマンフォトプラスを比較

ここまでお伝えしたようにララルーチュRFとヤーマンフォトプラスを比較すると、全然違う機種ということが分かりますよね。

あなたはどっちが合いそうですか?

もしまだ迷っているなら、次は「機能・悩み」で比較してみました。
ここは似ている項目も多いですが、後押しになれば嬉しいです(^^)

2つを機能で比べてみた

2つの機能を一覧にしてみました。

ララルーチュRFヤーマンフォトプラスEX
コアパルスイオン導入
高周波(RF)高周波(RF)
EMSEMS
LED(赤・青・黄色)LED(赤)
イオンクレンジング
クールモード
マイクロカレント

見比べてみると、上の赤字の部分が違いました。
機能だけ見ても分かりづらいので、少し解説しますね。

コアパルスとイオン導入の違い

1つ目はララルーチュRFにあるコアパルスと、ヤーマンフォトプラスにあるイオン導入です。
これらは両方とも美容液を肌の角質層の奥に運んでくれる機能。

違う点は、ヤーマンフォトプラスの「イオン導入」はビタミンC誘導体という成分と相性が良く、ララルーチュRFのコアパルスは他の成分とも相性がいい機能です。

これだけ見比べるとララルーチュRFの方が優れているかな。

ヤーマンフォトプラスだけに付いている機能

その他で目立って違うのは、この3つ。

イオンクレンジング

→イオンの力で角質やメイク汚れを吸着してキレイにしてくれる。

クールモード

→その名の通り肌を冷やして毛穴をキュッと引き締めるイメージで気持ちがいい。

マイクロカレント

→目元に特化した機能。

説明はしたけど、少し分かりづらいかな?^^;
詳しくはどちらかを選んだ後に、公式のサイトなどで確認してみてくださいね。

2つを悩みで比較

次は悩みでララルーチュRFとヤーマンフォトプラスを比較します。

ララルーチュRFハリ・弾力UP/乾燥/乾燥小ジワ/お肌の引き締め/透明感
ヤーマンフォトプラスEXハリ・弾力UP/乾燥/乾燥小ジワ/お肌の引き締め/透明感

同じみたい^^;
ただしヤーマンフォトプラスの方が機能豊富で色々できる分、対応できるお悩みは細かく分けると多くなると思います。

例えばヤーマンフォトプラスは目元に特化した機能もあるので、ハリ感アップに導いてくれたり。
イオンクレンジングで角質メイク汚れを落とせるのも魅力です。

ララルーチュRFを目の下のたるみに使った感想

フォトプラスEXを使った感想を見る

フォトプラスEX一番安いお店を見る

ララルーチュRFやヤーマンフォトプラスのその他細かい違い

その他にも少しだけ細かい違いがありました。

ララルーチュRFコードあり・軽い・値段はヤーマンフォトプラスより安い
ヤーマンフォトプラスコードレス・重い・値段はララルーチュRFより高い

ここまでのララルーチュRFとヤーマンフォトプラスの違いを見て、どちらにするか決まりましたか?(^^)

自分に合う方の機種を選んで、楽しい美容ライフを送ってくださいね。

実力エステ並みで探しているなら
ヤーマンフォトプラスEX
フォトプラスEX

アドバイザーの私も使っている機種で、実力はエステ並み。
イオンクレンジングから目元のエクササイズまでコレ1台でできる機種です。



お家でアロマでソファに座ったままアロマでも炊けば、もう自宅が本格エステ。

もし迷っているなら私のイチオシのこの機種も検討してみて(^^)

フォトプラスEX詳細を見る


運営者情報お問い合わせ特定商取引法に基づく表記著作権についてプライバシーポリシー