ララルーチュRFとスチーマーは併用できる?あなたはもうクビ!?

ララルーチュはスチーマーと併用できる?のイメージ画像

こんにちは。管理人の@もかです🐯

あなたはもう使わないからクビ!

普通の美容アイテムなら、古い先代の機種はクビ使いですよね。
でも、ララルーチュRFとスチーマーは似ているけど別物だし、もしかして併用できる?

もしそう考えたのなら正解かも!

今回はララルーチュRFとスチーマーは「併用できるのか?」できるなら「どういう風に併用すればいいのか」お話ししていきますね。


管理人:もか
Twitter→@moka_03128
他にスキンケア用品のサイトを、日本化粧品検定1級の知識を持つ知人の力を借りながら運営。デザイナー歴15年の経験を活かして美容の専門的な知識を一般の方にも分かりやすく伝えます。私自身もララルーチュRFを使っているので、検討中・使用時の疑問にお答えします。

ララルーチュRFとスチーマーは併用していい?

ララルーチュRFとスチーマーは併用しても大丈夫だと思います。

公式のサイトに書いてあったわけではありませんが、私がそう思った理由が2つあるので説明しますね。

エステでも併用されているから

エステに通ったことがある人は、スチーマーで肌を温めた後にマッサージや機器を使ってケアして貰ったことはありませんか?

私もそんな感じでケアして貰っていたような。

それを証拠に、
この図を見てください。
↓↓↓

これは、ナリス化粧品が全国に400カ所以上展開しているエステサロン「デ・アイム」での施術例。

図の「6〜7」がララルーチュRFと同じような機種を使ったケア内容、その少し前に「2のイオンスチーム」でケアしていることが分かりますよね。

ララルーチュRFの公式サイトには、スチーマーと併用OKかどうか触れられていませんでしたが、このエステサロンの施術内容を見る限り併用しても大丈夫だと想像できます。

↑↑↑
ちなみに他のエステサロンでも、スチームの後にララルーチュRFと同じようなケア(イオン導入)をしていました。

機能が被っていないのでOK

そして大丈夫だと思うのにはもう一つ理由があります。

スチーマーはそもそも、細かい温熱スチームで肌を温めるアイテム。
ララルーチュRFと機能が被っているワケではないので、2重ケアで肌に負担をかけてしまうこともありません。

機能が違うので、逆に併用すればお互いが穴を埋めあって嬉しい効果があるかも!

\ 一番オトクなのはココ /
ララルーチュRFのショップで
詳細を見る

スチーマーと併用は逆に嬉しい効果が

スチーマーは温熱で肌を温めますよね。
美容には昔から「温熱美容」という、温めて肌の調子を整えるスキンケア方法が存在します。

例えばその効果のひとつとして、温めると肌が柔らかくなり、美容液などの浸透が良くなったり。

この温熱美容とララルーチュRFを組み合わせることで、今よりもララルーチュRFでのケアで美容成分を角質層の奥に運べて、美肌に近づけるかも(^^)


併用するときの使い方

併用できると言っても、スチーマーをしながら同時にララルーチュRFを使うという意味ではありません。

上で紹介したように、スチーマーと併用して嬉しい効果を得るために、使い方(使うタイミング)を間違えないようにしましょう。
使い方には3つのパターンがあるので、あなたの好きな方法を実践してくださいね(複数組み合わせ可)。

パターン1:スチーマー⇒ララルーチュRF

夜のスキンケアの時に、スチーマーとララルーチュRFを使うパターンです。
時間がある時はこのパターンがおすすめ。

併用する時は、まずスチーマーを先に使います。
スチーマーの使い方に従って肌をモチモチにした後に、ララルーチュRFの出番。
最大5分の時間をかけてじっくりとケアを楽しみましょう。

スチーマーを先に使うことで肌がモチモチになり、いつもよりもララルーチュRFでの効果が高まりやすいはず。

2つとも使うので時間はかかりますが、スペシャルケアとして取り入れれば翌日の肌がベストに!

パターン2:朝スチーマー/夜ララルーチュRF

2つ目は、時間帯によってスチーマーとララルーチュRFを使い分けるパターン。

朝にスチーマー、夜にララルーチュRFを使いましょう。

スチーマーは使った後に、肌のキメが整ったりモチモチになったりしますよね。
それを活かして朝のメイク前に使えば、メイクのりが良くなり映えること間違いなし。

夜はララルーチュRFでじっくりスキンケアすることで、翌日の肌の調子を整えてくれます。

続けることで肌のハリや透明感も取り戻せそう(^^)
もか(私)
もか(私)

2つを併用していますが、このやり方なら朝と夜に分けているので時間の都合もつきやすく、無理せず続きそうですね。

パターン3:ララルーチュRFを使わない日にスチーマー

3つ目は併用しつつも使う日を分けてしまうパターン。

ララルーチュRFは、1日使ったら2日程度休むというサイクルで使うと決まっているので、そのお休みの日にスチーマーを使ってみましょう。

パターン1や2と違って同じ日に2つを併用しないので、時間の余裕が生まれやすいパターンです。

またこのパターンは、毎日ララルーチュRFかスチーマーを使うことになるので、習慣がつきやすく使う日を忘れてしまう心配も減らせます。

ララルーチュRFとスチーマー両方使いが面倒な時は

ララルーチュRFを購入後スチーマーと併用してみたけど、やっぱり両方使うのは面倒…

そう思うシーンも出てくると思います。

最初はやる気MAXでも、段々慣れてくるとサボっちゃうんですよね^^;
もか(私)
もか(私)

もし面倒だと思ったら、優先するのはララルーチュRFの方。
スチーマーも手軽で便利ですが、私が使ってみて効果が高いと感じたのはスチーマーよりもララルーチュRFの方です。

スチーマーで5分ケアをするよりも、ララルーチュRFを2〜3分でいいので続けた方が、肌に良い変化が現れやすいと思いますよ。

\ 一番オトクなのはココ /
ララルーチュRFのショップで
詳細を見る


運営者情報お問い合わせ特定商取引法に基づく表記著作権についてプライバシーポリシー