【無理する】ララルーチュRFはHighモードで使わないと意味なし?

ララルーチュHighモードで使うべき?のイメージ画像

こんにちは。管理人の@もかです🐯

Highモードで使わないと意味なし!

もしそうだったら無理してでもHighで使いますよね。
でも実際そうした方が良いのか答えがないので悩みどころ。

今回はララルーチュRFをHighで使うべきか、それともLowやMiddleで良いのかお話していきますね。


管理人:もか
Twitter→@moka_03128
他にスキンケア用品のサイトを、日本化粧品検定1級の知識を持つ知人の力を借りながら運営。デザイナー歴15年の経験を活かして美容の専門的な知識を一般の方にも分かりやすく伝えます。私自身もララルーチュRFを使っているので、検討中・使用時の疑問にお答えします。

ララルーチュRFの強さはHighモードで使うべき?

ララルーチュRFは我慢できるくらいの少しの痛みで、一番強いモードを選びましょう。

もし強くても痛みが我慢できるならHighモード。
痛すぎて我慢できないならMiddleモード以下がピッタリ。

Highで使わないと効果減

LowやMiddleモードよりも、Highモードのほうが効果は高いです。

その証拠に、MiddleとHighではピリピリ度合いが全然違いますよね。
ララルーチュRFがピリピリ痛むのは、EMSという表情筋をピクピクエクササイズさせる機能のおかげ。

つまりピリピリ度合いが変わるというのは、EMSのパワーが弱まっている証拠。
パワーが弱まると効果は当然減ってしまいます。

でもHighで痛みを我慢しても続かない

ただし、
効果が減るなら無理してでもHighモードで使う!
というのはおすすめしません。

痛みを我慢しすぎると、それに脳が反応してしまい、
「ララルーチュRF=嫌なもの」という意識が根付いてしまうから。

私たちの心理として、嫌なものはできるだけ避けたいですよね。
そうすると、ララルーチュRFが続かなくなり、途中で押入れの中に眠ってしまうと思います。

ララルーチュRFは続けることが大事

ララルーチュRFは続けることで徐々に肌を変えていくアイテムです。
Highにして痛みを我慢しながら一時的な効果を得るよりも、Middleなどに落としてでも長く続けることが大事。

無理せず続けて年齢に負けない肌を手にしましょう(^^)


HighでララルーチュRFを使っても痛みを抑えるには?

とはいっても、できるだけ強いモードで使ったほうが良いのは確か。
いまHighモードで痛いと感じているあなたは、これを実践すると痛みが軽減するかも。
一度試して、HighにするかMiddleにするか決めましょう。

ジェルをこまめに付け足す

私がララルーチュRFをHighモードで使っていて「とても痛い」と感じる時は、ジェルが乾いて乾燥してきた時。
ジェルが肌にたっぷり乗っている時は、痛みが抑えられている気がしました。

その経験を元に編み出したのが、
「ジェルをこまめに塗り足す」こと。

例えば顔を「右頬、左頬、おでこや口周り」と3つのパーツに分けて、それぞれでジェルを塗りケアをします。

こんなイメージです↓↓↓
右頬に1プッシュだけジェルを塗る⇒ララルーチュRFでケア⇒左頬に1プッシュだけジェルを塗る⇒ララルーチュRFでケア…

そうするとジェルが乾きづらく、Highモードで使っても痛みが軽減できるかもしれませんよ。

Highモードで使う時の注意点

自分にあったララルーチュRFのモードは分かりましたか?

ジェルを付け足す方法で大丈夫そうならHighモード。
それでもダメそうならMiddleモード以下でケアしましょう。

次はララルーチュRFをHighモードで使う時の注意点をお伝えするので、もしHighモードで大丈夫そうなあなたは、この先にも目を通してみてくださいね。


いきなりHighはNG⇒Lowからジワジワ上げる

痛みを我慢できそうでも、いきなりHighモードで使うのはNG。
ララルーチュRFのケアは、必ずLowモードから始めましょう。

そして数秒経って少し肌が慣れてきたら、MIddle・Highと徐々に肌を慣らしながらパワーを上げていくのが正しい使い方です。

肌の状態は日によって変わります。
いきなりHighモードで使うと、痛みが酷く肌荒れなどの原因になる恐れがあるので、必ず守ってくださいね。

目元に使う時はHighモードは避けましょう

Highモードに慣れた後でも、目元ギリギリに使うときだけはLowにしましょう。
目の周りは皮膚が薄く敏感なので、刺激が強すぎる恐れがあるからです。
Lowなら低刺激で安心です。

生理前など肌が敏感な時はHighは避ける

体質にもよりますが、例えば生理前などは肌が敏感になりがちではありませんか?
そんな日はいつもよりもララルーチュRFの刺激が強く感じるので、痛みが強いと感じたらMiddleなどにパワーを落としてケアしましょう。

その他にも肌が乾燥していたり、季節などによっても痛みが変わることがあります。
もしいつもより痛くて違和感があると感じたら、無理にHighモードにせず、パワーを落とす勇気も持ちましょうね。


よくある疑問3
>水洗いしてみた

運営者情報お問い合わせ特定商取引法に基づく表記著作権についてプライバシーポリシー